コロナウイルス感染症に関連する支援策まとめ

民事上の法律問題

定時株主総会の開催について

今般の新型コロナウイルス感染症に関連し,当初予定した時期に定時株主総会を開催することができない状況が生じた場合における定時株主総会の開催について

内容
・定時株主総会の開催時期に関する定款の定めがある場合でも,今般の新型コロナウイルス感染症に関連し,定款で定めた時期に定時株主総会を開催することができない状況が生じたときは,その状況が解消された後合理的な期間内に定時株主総会を開催すれば足りると考えられる。

・定款で定められた定時株主総会の議決権行使の基準日から3か月以内に定時株主総会を開催することができない状況が生じたときは,会社は,新たに議決権行使のための基準日を定め,所定の公告をする必要がある。
対象者
法人及びその関係者

(新型コロナウイルス感染症に関連し,当初予定した時期に定時株主総会を開催することができない状況が生じた会社)
実施組織・支援機関
法務省民事局参事官室

このページのトップに戻る

マンションの管理組合等における集会の開催について

新型コロナウイルス感染症の影響により,管理者が選任された管理組合又は管理組合法人において,前年の開催から1年以内に区分所有法上の集会の開催をすることができなくなった場合について

内容
今般の新型コロナウイルス感染症に関連し,前年の集会の開催から1年以内に区分所有法上の集会の開催をすることができない状況が生じた場合には,その状況が解消された後,本年中に集会を招集し,集会において必要な報告をすれば足りるものと考えられます。
実施組織・支援機関
法務省民事局参事官室

このページのトップに戻る

新型コロナウイルス感染症に関連しイベントや旅行が中止になった場合のキャンセル料等

新型コロナウイルス感染症に関連して,イベントや旅行が中止になった場合のキャンセル料等に関する留意事項について

内容
1 新型コロナウイルス感染症の影響により,イベント等をキャンセルした場合や,イベント等が事業者の判断により中止となった場合の取扱いについて
2 新型コロナウイルス感染症の影響で,商品を仕入れることができなくなった場合の留意事項について
3 新型コロナウイルス感染症の影響で,出勤することができなくなった場合等の留意事項について
実施組織・支援機関
法務省民事局参事官室

このページのトップに戻る

新型コロナウイルス感染症に関連して,相続放棄等の熟慮期間の延長を希望する方へ

新型コロナウイルス感染症の影響により熟慮期間内に相続の放棄等をすることができない場合における熟慮期間の延長手続について

内容
親族が亡くなったにもかかわらず,新型コロナウイルス感染症の影響により熟慮期間(相続の承認又は放棄をすべき期間)内に相続の承認又は放棄をすることができない場合には,この期間を延長するため,家庭裁判所に申立てをすることができます。また,同申立ては,必要書類を家庭裁判所に郵送することによってもできます。
実施組織・支援機関
法務省民事局参事官室

このページのトップに戻る

新型コロナウイルス感染症の影響により借金等の返済が困難となった方へ

新型コロナウイルス感染症の影響により経済的に苦しい状況になり,借金等の返済を続けていくことが難しくなった方が利用することのできる裁判所の手続について御紹介します。

内容
借金等の返済が困難になった個人又は法人が債務を整理するために利用することのできる裁判所の手続としては,(1)特定調停手続,(2)再生手続,(3)破産手続が用意されており,それぞれの手続の流れや内容等について御紹介しています。
対象者
借金等の返済が困難となった個人・法人
利用・申請方法
これらの手続を利用するためには,管轄の裁判所に申し立てる必要があります。
詳細は,法務省のWebサイトをご覧ください。
実施組織・支援機関
法務省民事局参事官室

このページのトップに戻る

登記・供託に関するオンライン申請等の活用について

新型コロナウィルス感染症に関連して,不要不急の外出を避ける観点から,オンライン申請等の手続の活用を御検討ください。

内容
登記・供託申請や登記事項証明書・印鑑証明書等の取得・閲覧等については,オンライン申請等や登記情報提供サービスを御活用いただくことにより,法務局に訪れることなく,登記・供託申請や登記事項証明書・印鑑証明書等の取得・閲覧をすることができます。

このページのトップに戻る